まにむーんの株式投資日記その1-はじめます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

HYIPシリーズが早々に終了したので、今度は通常株式の投資日記を書くことにしたまにむーんです。やっぱりまともな投資が一番ですねw 取引をしたり優待配当がはいってきたタイミングの不定期更新をしていこうと思います。

投資歴

祖父が証券会社勤務だったため、比較的株式投資が身近な家庭に育ちました。大学時代には大学にEeePCを持ち込み、ゼンショーホールディングス(7550)の優待券をもらって喜びつつ、低位株のスイングトレードで小銭稼ぎをしていました。社会人になってからもポツポツ投資はしていましたが、ガッツリはやっておらず、コロナで在宅勤務が増え時間の余裕が出来たので投資を本気で再開しました。

投資方針

基本的には配当と優待でインカムゲインを稼ぎつつ、株価が上がったら(相対的に配当利回りが下がるので)売却してキャピタルゲインも狙っていきます。よほどのことが無い限りは株価が下がっても損切りせずに配当と優待でトータルプラスを目指します。

平日は仕事があるので、デイトレードで細かく稼ぐようなことはせず、信用売買もしないつもりです。まるっと年利10-20%くらいを目指していきたいなぁと思っています。

株主優待について

一般的に、海外投資家には株主優待が送付されないことが多く、批判されています。また、基本的に持ち株数と比例して株主優待の内容も豪華になりますが、株主優待を2倍もらうには持ち株数を10倍に増やす必要があることもザラです。

これらのことは裏を返せば「優待を貰える最小株数を、複数銘柄で保有する」ことで優待の利益を最大化することが出来るので、まずはこのポリシーで投資先を増やしていければと思います。

直近購入した銘柄について

10月より投資を開始しています。ポートフォリオに組み込み済みですが、下記の銘柄を購入しています。

  • 銀行株が軒並み割安で、今がきっと底だと思い配当が多いので購入(あおぞら、UFJ、りそな、池田泉州HD)
  • 優待&配当の利回りが良い銘柄をスクリーニングして購入(稲畑産業、オリックス、ヤマダHD、ファイザー)
  • 愛の不時着にドハマリし、グローバルの表現規制を見据えたコンテンツの政策力・輸出力を信じて購入(ネットフリックス)
  • いずれ吹くと信じて購入w(ランド)
  • GAFAに乗っかってみたかったので購入後売却済み(アルファベット)

ポートフォリオ(2020/11/15)

全体

国内株式 626,770円
米国株式 521.46USD
含み益 27,534円

個別銘柄

8098 稲畑産業 100@1,276円→1,363円 含み損益+8,685円 :配当4%+QUOカード500円
8304 あおぞら銀行 100@1,731円→1,770円 含み損益+3,885円 :配当6.8%
8306 三菱UFJフィナンシャルG 100@422円→446円 含み損益+2,315円 :配当5.6%
8308 りそなホールディングス 100@347円→371円 含み損益+2,425円 :配当5.6%
8591 オリックス 100@1,339円→1,481円 含み損益+14,185円 :配当5.3%+カタログギフト
8714 池田泉州HD 100@162円→157円 含み損益-455円 :配当4.7%
8918 ランド 2000@10円→9円 含み損益-1,240円 :@12円になったら売る
9831 ヤマダホールディングス 100@501円→500円 含み損益-55円 :配当2.1%+自社商品券3,000円
NFLX ネットフリックス 1@500USD→483USD 含み損益-18USD :コンテンツ力(愛の不時着にハマったw)でグロースに期待
PFE ファイザー 1@42USD→39USD 含み損益-4USD :配当4%

※「証券コード・ティッカー 会社名 持株数@平均購入単価→時価 含み損益(優待・配当益含む・税引前) :購入目的理由(配当利回りは購入前後の概算のため株価変動・配当額変更に伴い%はズレます)の順」で記載しています。

実現損益(税引前)

2020年 ±0円 +244.34USD

※利確済、配当優待等を含む金額

株式投資は松井証券で↓↓

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*